070-8998-2150
受付時間 10:00〜19:00(不定休)
カウンセリング予約
メニュー
CLOSE
無料カウンセリング
限定クーポン配布中
画面トップへ

【徹底解析】結婚相談所の複数利用のメリット・デメリット!!

婚活いろはのろ
婚活コラム画像

真剣に婚活をしている方の中には結婚相談所を掛け持ち利用(同時に複数の結婚相談所を利用)する人もいます。

そこでここでは結婚相談所の掛け持ちのメリット・デメリット、掛け持ちをするときのポイントなどについて解説していきます。

■結婚相談所の複数利用はするべき?

結婚相談所を利用している方の多くは、いくつかの結婚相談所を掛け持ちしています。

それ自体、結婚相談所のルール的には全く問題ありません。

ただ、掛け持ちをしたからといって必ず結婚できるというわけではありません。

ですが効率よく婚活を進めるための選択肢の一つであることは確かです。

掛け持ちが向いている人の特徴は以下の通りです。

・短期間で結婚したい人
・期間を決めて真剣に婚活を行いたい人
・生活の中で出会いがほとんどない人
・年齢的に婚活が難しくなってきている人

千晴塾長
千晴塾長
時間を限定して集中的に婚活を行いたい人や、婚活に関して焦っている人などは掛け持ちも検討することをおすすめします。

■結婚相談所を複数利用することのメリット・デメリット

それでは結婚相談所の掛け持ちのメリット・デメリットを見ていきましょう。

デメリットもなかなか大きく、上手く立ち回らないと大変なことになるかもしれません。

◆複数利用のメリット

まず、出会いやすくなります。

一つの結婚相談所を利用するだけでも出会いの幅が広がりますが、それを複数活用するのですからかなりチャンスが大きくなることでしょう。

また、相談所のタイプによって出会い方は異なります。

複数利用することで、あなたに合った婚活の仕方を知ることができるはずです。

結婚相談所での出会い方は主に3タイプあります。

・仲介紹介タイプ
・データマッチングタイプ
・インターネット検索タイプ

掛け持ちをするのであれば、出会い方の差を把握したうえで上手に組み合わせたいところです。

例えば、「できるだけ出会い方を広げたい」という場合は「仲介紹介タイプ×データマッチングタイプ」がおすすめです。

また、「とにかく手厚いサポートをしてほしい」のであれば、「仲介紹介タイプ×仲介紹介タイプ」を推奨します。

千晴塾長
千晴塾長
結婚相談所を掛け持ちすることで、自分に合った婚活の仕方、カウンセラーとの相性を確認の上、絞る!ということもできますから、まずは掛け持ちして、多忙が辛くなってきたらいい方で活動を専念するというのもアリですよ!

◆複数利用のデメリット

結婚相談所を複数利用することの主なデメリットは以下の通りです。

・お金がかかる
・疲れやすい
・規約やルールを相談所ごとに理解しなければならない
・どの結婚相談所のアドバイスを信じるべきか判断しにくい場合も
・プライベートがなくなりやすい

最大のデメリットは「お金」のことでしょう。

結婚相談所を使う以上は入会費や月額費用などが発生してしまいます。

もちろん「掛け持ちならそれぞれ割引」などということはなく、各結婚相談所に通常通りお金を払う必要があります。

そして掛け持ちをすると「お金がかかっているのだから早く結婚しないと」と焦ってしまい、かえって立ち回りが下手になったり、妥協してしまったりする恐れもあります。

さらに結婚相談所を複数使えば当然忙しくなって疲れやすくなることでしょう。

最初のうちは高いモチベーションで臨めるかもしれませんが、婚活が思い通りに進まないと徐々に心身ともにヘトヘトになってきて、どこかのタイミングで「全部を投げ出したい」という気持ちになってもおかしくありません。

これらのデメリットを知った上で掛け持ちをするかどうか決めましょう。

上手に掛け持ちをすることで効率がアップすることは確かですが、絶対に複数利用しなければならないというわけではありません。

千晴塾長
千晴塾長
私としては掛け持ちする前に、他にやれることはないか?!というところを、まずよ~く考えてほしいというのが本音です。
出会いの数を増やすのは、なにも結婚相談所を掛け持ちするだけが方法じゃないですからね♪
他にもいっぱい出会いを増やすためにできることはあるんですよ(^_-)-☆

それでは次に結婚相談所を掛け持ちするときのコツをお伝えします。

せっかく掛け持ちをしても、使い方によってはあまり効率がアップしないかもしれませんから気を付けなくてはなりません。

◆連盟の違う結婚相談所に登録する

結婚相談所の大半は「連盟」に入っていて、連盟に入っている相談所内で登録者データを共有しています。

ですから結婚相談所を複数利用する場合は、「違う連盟に入っている結婚相談所に登録する」もしくは「連盟に入っていない大手の結婚相談所に登録する」ことが大事です。

連盟が重複していると、データマッチングされる、紹介される会員が同じになってしまいますから、もったいないです。

ちなみに主な結婚相談所連盟とその会員数は以下の通りです。

良縁会:約4万9000人
IBJ(日本結婚相談所連盟):約7万人
BIU(日本ブライダル連盟):約5万2000人
JBA(日本結婚相談所協会):約5万2000人
Rnet(良縁ネット)     :約4万人

「○○(結婚相談所の名前) 連盟」などでインターネット検索をすれば、あなたが利用を検討している結婚相談所がどの連盟に加入しているのか(もしくはどこにも加入していないのか)がすぐに分かります。

千晴塾長
千晴塾長
一つの相談所でもいくつもの連盟に所属してることも多いので、その辺りも重点的にチェックしてみるといいかもしれませんね。複数の結婚相談所を掛け持ちしなくても、複数の連盟に加盟してる相談所を探して入会するのと同じ意味ですから(笑)

◆事前に婚活をする期間を決めておく

長期間婚活をするからといって、結婚しやすくなったり、理想の相手と出会いやすくなったりするわけではありません。

一般的に「結婚相談所での活動開始→成婚退会」までの期間は12か月ほどされています。意外と短いと感じる方が多いのではないでしょうか。

あなたも期間を決めて掛け持ちをすることを推奨します。

そして「○年以内に結婚する」と決めたのであれば、それを本当に果たせるように全力で行動しましょう。

期間を決めずに活動していても今ひとつモチベーションが上がりにくいですし、長引けば長引くほど精神的な負担が蓄積していくことになります。

婚活はズルズル、ダラダラ続けるものではありません。

ちょっと余談になりますが、短期集中をせず、婚活に中途半端にはげむことで長引くパターン以外に、もう一つ婚活が長引く人の特徴があるんですが、皆さんわかりますか?

逆に婚活を始めたことでモテ期到来して、楽しくなっちゃって、本来の目的を見失うというパターンに陥る人がいるんです。

主に男性に多いんですけど・・・(笑)

そうなると、悪夢です。

ご本人は楽しくなっちゃってるから気付かないし、忠告をしても馬の耳に念仏状態になるんですが、数年たった時にはたと我に返るんですね~~

年々歳をくっていくので、モテ期も徐々におさまっていく訳で、そして気付いたときにはあとの祭りです。

あ~!あのモテまくった全盛期に決めておけばよかった~と・・・

どうか、そっちのパターンに陥りそうになった時、この私の話しを思い出して、自分自身にストップをかけてあげてくださいね!

千晴塾長
千晴塾長
すみませんね。私、ちょいちょい話しが脱線して、それって今のテーマと違くない?!ってなっちゃうことが多いんですけど、これも婚活小話しとして心の片隅に置いておいて欲しいな~(笑)

◆登録前に掛け持ちしたときのコストを計算しておく

会員になってから「意外とお金がかかる……」などと困ることのないように、登録前に掛け持ちしたときにいくらかかるのかを算出しておくことが大事です。

結婚相談所において発生する主なコストは以下の通りです。

・入会金
・初期活動費
・月額料金
・お見合い料
・成婚料

月額料金の相場ですが、データマッチングタイプであれば1万~1万5000円ほど、個人仲介タイプであれば2万~3万円ほどです。

入会金と初期活動費は「その場限り」のコストですが、月額料金については特に気を付けなくてはなりません。婚活の期間が長くなるほど月額負担も大きくなるからです。

ただ、「一つの結婚相談所しか使わずにズルズルと長引く」よりも「掛け持ちをして短期間で婚活を終わらせる」ことにより、トータルのコストが低くなるということはあり得ます。

千晴塾長
千晴塾長
あなたが自分で自分がどうゆうタイプなのか?をまず見極めるのが大事です。
ちなみに、私なんかは、完全短期集中型で、がっつり没頭して、イヤな事はさっさと済ませたいタイプなので、掛け持ち派なのかもしれません。
それがどうしてもできない人は掛け持ちは無謀としか言えないかも・・・

■「他の結婚相談所も使っています」と伝えるべき?内緒にするべき?

いざ結婚相談所を掛け持ちするとなると「内緒にしておいたほうがいいのだろうか?」と迷うかと思います。

これに関してはむしろ掛け持ちしていると報告することをおすすめします(もちろん必須ではありませんが)。

そうすることで担当者にあなたの熱意が伝わりますし、「自分の結婚相談所で成婚させたい」という理由でサポートが手厚くなる可能性もあります。

また、複数利用をしていると相談所ごとの規約やルールを忘れる場合もあります。

ですが、掛け持ちをしていると言っておけば、規約やルールの際について整理しやすくなるかもしれません。

中には「掛け持ちしていると伝えるのは後ろめたい」と感じる方もいるかもしれませんが、結婚相談所のスタッフも複数利用している人が多いことは把握していますから罪悪感を覚える必要はありません。

そもそも結婚相談所側もビジネスでやっていることです。

■まとめ

ここまで結婚相談所の複数利用のメリットやデメリット、掛け持ちをするときのコツなどに関して解説しました。

婚活が長引くと金銭的・精神的負担が大きくなっていきますから、短期間で効率よく成婚退会までたどり着くことが重要となります。

出会いのチャンスを広げたい方や、現在結婚相談所を使っているのになかなかうまくいかないという方は、複数利用を検討してみてはいかがでしょうか。

千晴塾長
千晴塾長
何度も言いますが、結婚相談所を複数利用するかどうかは、まずは自分がどのタイプなのか?をしっかり見極めるところから始めましょうね(^_-)-☆

 

 


 

LINEのお友達追加していただき簡単な10秒アンケートにお答えいただくだけで、
✨豪華2大無料プレゼント✨

その①
◆『東洋・西洋占術を統合した運命術』による鑑定書◆
詳しくはこちらをクリック

その②
◆恋愛・婚活相談 1時間無料クーポン◆
オンライン相談のみ

また、無料カウンセリングも承りますので、お電話が苦手な方はご活用ください。

💖不定期ではありますが、心理学に基づく恋愛・婚活に役立つ情報もお届けします📩

お友達登録で豪華2大無料プレゼント

※カンタン60秒でカウンセリング予約もできます!